スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
換金率による立ち回り 低換金率編 
2006.08.30.Wed / 00:36 
人気ブログランキングに参加しています!




こんばんは、ユニバです。
今日は換金率による立ち回りの違いについて。

7枚交換、6枚交換、5.5~5.2枚交換、等価交換の四種類が
一般的です。

ここでは等価交換以外の店を低換金率店と呼びます。

一昔前ならば、6枚か7枚の店で高設定に座って終日勝負!
とアドバイスしていた所ですが、現在は微妙に変わってきました。

まずは低換金率店のメリット。
非常に高設定をつかみ易い形態ですし、
イベントなども、等価では考えられないほどの
強烈なものが催される事があります。

デメリットは、やはり換金差。
現金投資がかさんだ時点で負けが濃厚になります。
例えば七枚交換で押忍!番長の設定6を打ったとしましょう。

現金投資が五万かかったとします。
等価交換ならば、2500枚出た時点でトントン、
理論値の108%出たならば、38600円の期待収支になります。

ところが7枚ですと、トントンにするためになんと
3500枚も出さないとダメなんです。
その差なんと1000枚。

期待値通り出たとして差枚数1920枚ですから
4420枚出ます。換金63000円。
13000円しか勝っていませんね。

なんども言いますが、まったく同じ差枚数出たとして
この差です。換金差だけで25000円もの差が出るのです。

ストック機は概ね現金投資が嵩みがちになりますので
これは致命的ですね。

更にゾーン狙う場合でも、低換金率の店は不利です。
結論としては、

低換金率の店でストック機は打つな

けっして、低換金率の店が悪い訳ではありませんし
嫌いでもないのですが、もうどうしようもありません。

ストック機はどう打っても現金投資がかかるのです。
ゾーン狙ったって現金投資の嵐ですし、朝から
座りっぱなしでも、かなり高確率で追加投資になります。

逆にノーマルA400タイプのジャグラーやニューパルを
狙うのであれば、最高ですね。現金投資が安定していますから。
等価でこの二台に高設定が入る事は稀ですから。
判別にもひっかかる台もあるでしょう。

低換金率の店では

比較的安定して出る台を終日勝負

が基本になります。

等価交換に関しては次回。










スポンサーサイト
+-- COMMENT TO THIS ENTRY --+
----

ユニバさんこんにちわ。

低換金率店…最近減ってきていますが、利点はありますね~。
仕事柄、地方とか行くのですが、ここ数年で低換金の店も軒並み換金率上げています。純A-400が無いからですかね?…
地元は等価ホールばかりなので、次回が楽しみです。

名前の由来は「アノ」メーカーの前身から来ているんですよね?
我輩1.5号機がデビューなので懐かしいです( ̄ー ̄)

- from Shi☆row -

----

>>Shi☆rowさん

そうですねぇ、最近の機種の機械割だと
7枚交換ですとお客がまったく勝てなくなりますし
換金率を上げざるを得ないのでしょうね。
特に五号機は設定6でも105%以下などざらですし。
私は六枚か七枚交換が好きだったんですが…。

その通り!ユニバーサルのユニバです(笑)
今じゃなんですかね、アレw
1.5号機ですか、それはめちゃくちゃキャリア
長いですねぇ。私が始めた時はまだ四号機が
出たてでした。
昔の台はホント面白かったですよねぇ…。

- from ユニバ -

--30代,40代で転職して航空整備士--

航空整備士は、飛行機の航空の安全を守る、機体整備の専門家 http://lactescent.rcrane4law.com/

- from 孤高のスロプロさん -

--ポータブルオーディオ--

ポータブルオーディオを探すなら http://www.pigottop.com/211742/200147/

- from 孤高のスロプロさん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト換金率による立ち回り 低換金率編のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
フリーエリア

最近のパチスロ記事+コメント
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 スロプロ予備校 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。